ロゴロゴ滋賀県永源寺産こんにゃく

滋賀県東近江市永源寺相谷町1185
☎ 0748-27-0713

生芋で本物をつくる

本来の味と食感

滋賀県永源寺産の自家製芋
100%使用のこんにゃく

  • 恵まれた環境恵まれた環境
  • 安心安全の生産管理安心安全の生産管理
  • こだわりの製法こだわりの製法

こんにゃく工房では、昔ながらの生芋からの製造にこだわり、こんにゃく粉を使った製造を一切せず、種芋からすべて滋賀県永源寺地域での自家生産を行っています。また製造課程においても地場のもののみを使い、安心で安全な商品をお届けしております。適正な管理の元に生産され、選びぬかれた素材と昔ながらのこだわりの製法でしか出せない、こんにゃく本来の味と食感をぜひご賞味ください。

永源寺こんにゃくとは

こんにゃくが作られた背景として、永源寺の開祖である寂室元光が、大陸から芋を持ち帰ったのが起源とされています。永源寺周辺で作られていき、また自家消費されることを繰り返していく中で永源寺では精進料理に、周辺地域の農家では家庭料理として浸透していきました。

こんにゃく芋の生産地である滋賀県東部に位置する東近江市永源寺地域は、北東の鈴鹿山脈からの澄んだ空気に加え、山あいの土地特有の傾斜を利用することで、畑の水はけが良くなり、直射日光も遮り、土の表面温度が上がらないようなります。生育課程で過度な温度変化を好まず、水分をあまり必要としない、芋は大きく栄養豊かに育ちます。そうして3年という年月をかけ、できあがるこんにゃくは、風土を活かした水・空気と独自の製法により独特の風味と食感を生み出します。

最新情報

  • ご不便をおかけしておりましたが、しきろ庵は16日から通常営業とさせていただきます。皆様のお越しをお待ちしております。
  • 新型コロナウイルスの影響により2020年7月30日から、しきろ庵は予約のみの営業とさせていただきます。また8月11日~13日は盆休みとなります。
  • すまいるネット/ZTV「羽川英樹のぷらっと近江ひとり旅」でしきろ庵が紹介されます。【すまいるネット(11/11~11/17)】【ZTV(11/8~11/15)】
  • 滋賀食べる通信 Vol.10 にこんにゃく工房としきろ庵が掲載されました。「ここ滋賀」など滋賀のアンテナショップにてご覧ください。
  • 4月3日NHK放送の近江発630と4月8日ぐるっと関西(11:30分頃)でこんにゃく工房としきろ庵が紹介されます。
  • 2019年1月6日よりこんにゃく体験教室が「しきろ庵」料理付きの体験教室となります。詳しくはこちら